腱板断裂再建手術その後の経過

自宅では外せる時間をつくっていいですよと
言われていた右手の装具
自宅を出ようとしたときに着けていないことに気づきました。

右肩腱板断裂再建手術より5週
通常の断裂であれば、装具は4週で外していく方向だか
断裂が大きかったため、5週目と6週目は徐々に外す時間をつくるようにとドクターより指示

先週より朝のウォーキングより戻って入浴開始
やはり患部を温めると動きが良くなり、固まった感じがほぐれてくる。

出来るようになったこと
1.食事の際に右手も使えるようになってきた、左右両刀使い
2. 靴下を履くときに右手がそえられる
3.自宅では装具を外す時間が作れるようになった
4.上方向へは90度以上手が上がる
5.痛みで起きる回数が2-3回に減った
6.衣服の着脱がやさしくなった
7,PCのキーボートの右手操作が少しづつだが左手をそえずに移動できる

まだ回復していない点
1.肩前方、肘関節に痛み
2.右手が重く感じる 持久力が全くない
3.ほぼ力が入らない
4.後ろ方向に回すと痛み
5.顔が洗えるようになるにはもう少し
6.歯は磨けない

腱板が骨にある程度つくまであと7週(術後3ヵ月)
暑さが厳しくなる前に装具を外せるのは有難い。

痛みは
ネガティブにとらえる方
ポジティブにとらえる方
がいると思いますが、ポジティブにとらえつつ成り行きにゆだねるスタンスでいます。
時間が薬です!

右肩腱板断裂再建手術後9週
肩関節の可動域が拡がり、ほとんどの日常生活が不自由なく過ごせるようになりました。
1.顔、頭を両手で洗える
2.右手で食事が最後まで出来る
3.右手で歯磨きが出来る
4.ドアノブまわしたり引いたり出来る

まだ重たいものを持ったり重作業は控えるようにとのこと
身体を支えるような運動も禁止、腕立て伏せは当分ダメそう

関連記事

  1. グランフォンド世界選手権 ポーランド

  2. 平成31年4月レースレポート

  3. お花見ラン

  4. 肩腱板断裂再建手術

  5. CAP入荷

  6. 袖ヶ浦ウィンターサイクルマラソン

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

facebook