Uci Gran Fondo World Championships 2018

グランフォンド世界選手権に出場した、岡本選手、小川選手
岡本選手よりレポート頂きました。

UCIグランフォンド イタリア、バレーゼ世界選手権
距離130㎞
小川選手 50~54歳カテゴリー、285位/完走354人
岡本選手 45~49歳カテゴリー、154位/完走330人

ジロのふたりとも無事完走しました。
下り坂がとてつもなく危険に感じられる道幅が細くてヘアピンカーブだらけのコースでした。
下り坂だけみると、日本のレースコースではほとんど存在しないようなスイッチバック細道コースだらけでした。
UCIレースですが、今年は、イタリアのためかゴールまでの距離表示がいっさい無い大会でした。
数十メートルの石畳もあったり、パンクの危険性が高い穴や突き出たマンホール、たくさんのラウンドアバウト(ロータリー)がある130㎞コース、無事完走できて、心からホッとしています。
ありがとうこざいました。

関連記事

  1. MAVIC CAR

  2. CYCLOCRSS CHIBA 2019

  3. 第一回幕張DIRT練

  4. 02連

  5. 2018年TRY360 中止

  6. グランフォンド世界選手権 ポーランド

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

facebook