ニッセンワイヤー

NISSEN

最近巷をにぎわしているワイヤーメーカーです。
パーケージは何か見覚え有り。
20-30年前にブレーキや変速ワイヤーといえばこのビニール袋に入っていたものです。
当時はメーカー名は分からず使っていました。
かつては、ブレーキはブレーキ屋さん、ケーブルはケーブル屋さん、変速機は変速機メーカーと
それぞれ住み分けされていましたが、シマノのコンポーネント化によりその図式は一気に崩れ去りました。

おそらくニッセンさんもそのあおりを受けたはずです。
しかしBIKEの高級化とともに、より気持ちよくストレスなく引けるワイヤーが市場で求められるようになりました。

通常19本のワイヤーを撚り合わせたものがインナーケーブルとして使われているようですが、ニッセンはこれを31本にして
尚且つ表面の凹凸を出来るだけ少なくするためにスリック加工を行っています。それに加えて電着コーティングでより滑らかな引きを実現しています。

私が使用しているのは、ドロップハンドルのMTBですがブレーキの引きに関しては全くの別物と感じます。
通常は複よりワイヤーの為、レバーを引くとギコギコ感があるのですがそれが全く無い
ブレーキ、シフトともにスルスルと気持ち良く操作できます。
アウターとインナーによる内部抵抗はかなり大きいと今更ながら思い知らされました。
シフトインナーも同じく31本を撚り合わせスリック加工プラス電着コーティング、ブレーキと同様スムーズで小気味よいです。
メーカー的にはアウターもセットで販売したいようですが、
個人的にはシマノBC9000ブレーキアウター、SISシフトアウターの組み合わせが良いと思います。
勿論、ニッセンのアウターも用意させて頂いておりますので、お申し付けください。

もう一つ、スムーズになる秘密をばらします。
シマノ ブレーキインナー 1.6㎜ シフトインナー 1.2㎜
NISSEN ブレーキインナー 1.5㎜ シフトインアー 1.1㎜
です。
この0.1㎜の違いは大きい、シフトインナー 1.1㎜はスラムと同じですね。

インナー900円~1200円 アウター1300円~1500円と少し割高にはなりますがお薦めです。

スポーツバイクでお困りの事がありましたら、お気軽に!

2,100円(税別)からのメンテナンスメニュー詳細

工賃1,000円(税別)のタイヤ交換メニュー詳細

カーボンフレームの修理やクロモリフレームの塗装詳細

ギーギー、みしみし音鳴りに悩む方ご相談ください詳細

関連記事

  1. 輪行用ホイール固定バンド

  2. 超初心者のためのサイクリングコース

  3. DEROSA Bottle Neck warmer

  4. 村山悠平選手優勝

  5. オルトリーブサドルバック

  6. gravel ride

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

facebook