BD-1用18インチホイール

走りが変わるサイクルハウスジロBD-1ホイール

BD-1のホイールの問題点

オリジナルの18インチホイールは
フロント 24H ラジアル組
リア 36H タンジェント組
となっています。

後輪の36Hは納得いくところですが、走りの面からは前輪にはいくつかの問題があります。

・18インチとホイール径も小さいので(※ETRTO 355)それだけスポークにかかるストレスは大きくなります。
※リムのブレーキ当たり面から反対側のあたり面までの距離(リムの直径)
ラジアル組24本だと突き上げが大きくスポーク強度にも問題があります。

・BD-1特有のフロントフォークのため、専用のフロントハブとなっています。
これも走りの点からは疑問です。
ハブのエンド幅は100㎜と一般的ですがフランジ幅がなんと45㎜。
エンド幅の半分にも満たないのです。

当然、横剛性(横からの力)が弱く高速のコーナリングなどが弱点となります。

これらの問題を解決するためにサイクルハウスジロではSHIMANO製100×135㎜のハブでホイールを作製しています。
フロントフォークの付け根が張り出しているため、フロントホイールはスポークをフランジの外側からいれたラジアル組となります。


リアホイールは32Hタンジェント組です。
ハブのグレードはDEOREまたはXTがチョイスできます。

ALEX DA-16 18インチ XT シルバースポーク 27,955円(税別)  ブラックスポーク 28,955円(税別)
ALEX DA-16 18インチ Deore シルバースポーク 21,438円(税別) ブラックスポーク 22,438円(税別)

納期3-4日

関連記事

  1. GIROオリジナルBD-1用18インチホイールセット

  2. リムフラップ(リムテープ)の話

  3. コンチネンタルGP5000発売

  4. GIRO’S Family WEAR

  5. TREK Emonda ALR

  6. AMP F2サスペンションフォーク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

2019年1月
« 12月   2月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ