5分で出来るロードバイクのチューブ交換

千葉サイクルハウスジロがお届けする5分で出来るチューブ交換

パンクの原因の80%以上はリム打ちによるパンクです。
リム打ちパンクは、段差などで衝撃を和らげることなく突入しタイヤが障害物に当たりリムとチューブがぶつかることにより穴が開くことが原因です。
他の10数%は異物が刺さったことによるパンク。
残りはリムフラップの不備によるものとなります。

パンクしたホイールを外します。
タイヤ表面のチェック
タイヤのビードを両側共に落とし込む
バルブの反対側からタイヤレバーを用いタイヤを外す
タイヤの裏面から異物が刺さっていないかチェック
バルブを入れチューブをタイヤに沿わせる
バルブの反対側からタイヤをはめる
最後にバルブ部分をいったん持ち上げ残ったタイヤをはめ込む
チューブがかんでいないかチェック
少しだけエアーを入れもう一度チェック
しっかりとエアーを入れてタイヤを回転させビード部分が均一に上がっていることを確認して完了

チューブ交換が難しい方、QRコードをスマホで読み込んでください。Howto動画をアップしておきました。

 

スポーツバイクでお困りの事がありましたら、お気軽に!

2,100円(税別)からのメンテナンスメニュー詳細

工賃1,000円(税別)のタイヤ交換メニュー詳細

カーボンフレームの修理やクロモリフレームの塗装詳細

ギーギー、みしみし音鳴りに悩む方ご相談ください詳細

関連記事

  1. キャニオン修理

  2. 1800×750シンク活躍中

  3. ロードバイク、フラットロードとして復活

  4. タイヤブート

  5. エンド修正

  6. ニッセンワイヤー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

facebook